医療法人社団 東京哲翔会 定村歯科医院

東京都杉並区 荻窪駅西口徒歩2分【定村歯科医院】

コンテンツ

ブログ

スマホサイトはこちら


院内を自由にご覧になれます

大きな地図で見る
HOME»  ブログ記事一覧»  院長ブログ

院長ブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

インプラント研修in熊本

こんにちは、杉並区荻窪の歯科医院 医療法人社団東京哲翔会 定村歯科医院 院長の定村正之です。

今年の日本列島は、広範囲に強烈な寒波の影響が出ており、東京も降った雪がなかなか溶けずに、本当に朝晩の寒さを厳しく感じる毎日です。インフルエンザの流行も全国的な問題となっており、患者様のインフルエンザによるキャンセルも例年以上に多いように感じます。
早く、春を感じられる陽気が訪れてほしいと願うばかりですが、まだまだ2月初旬ですので、もう1カ月は辛抱でしょうか・・・。

そんな寒さの中、インプラントの研修を受けに、熊本に行ってまいりました。熊本のイメージとしては、九州という事もあり、さすがに東京よりも暖かいのだろうと思っておりましたが、雪まで降る始末で、ちょっと驚いてしまいました。

研修の方は、手術見学が中心の内容で、実際のインプラントの埋入手術や、その際の骨造成を見学し、学ぶという内容のものでした。手術見学で学ぶことは、座学での学びの中ではなかなかイメージできない事が目の前で展開されるという点において、非常に有効な学習であると思います。
同じ条件の手術を自分が担当するとしたら、どのような設計で、どのような手術の流れで進めるかを想定しながら見学をするのですが、細かい点での違いから多くの気づきがあり、毎回、見学をさせていただく度に、自分の手術もレベルが上がっていくように感じております。

また、手術は、ドクターをサポートするアシスタントや、処置の外回りを担当するサポートスタッフの動きも非常に重要で、チーム単位で見学に来ているクリニックも多くおります。言葉で伝えられないことを、実際の手術を見学することでマスターできると思いますし、治療のイメージ作りには、非常に有効な勉強であると思います。

当院も、手術を行うメンバーが増えてきており、今後、手術見学を通じての各スタッフのレベルアップも図りたいと考えております。

丁寧で、スピーディーな手術は、患者様にとっても非常に大きな恵みになります。
一同で、頑張ってまいりたいと思っております。

2018-02-08 22:55:56

新春のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

皆様方におかれましては、健やかな新年を迎えられたこととお喜び申し上げます。
旧年中は、医院に関わる多くの方々に支えられ、充実した1年にすることが出来たこと、感謝申し上げます。
お陰様で、大変穏やかな気持ちで新年を迎えることが出来、今年も1年、前向きに進んで行こうという気力に満ちた新春を過ごしております。
少々振り返りますと、個人的には、歯科医師としても、経営の責任者としても反省すべき点があり、100点満点をもらえるような年ではなかったと受け止めております。個人面での行き届かなかった部分を周囲の皆がうまくフォローしてくださったこともあって、総合的には良い形になったと受け止めております。これも、医院スタッフを中心とした協力体制が少しずつレベルアップしてきたことの証ではないかと感じております。

また、2017年11月には医院移転から5年という区切りを迎えることが出来ました。スタッフと共に、5周年を祝えたことは非常に良い思い出です。この5年を振り返り、医院内の変化はもちろんですが、歯科業界を取り巻く変化の激しさ、また、社会全体の変化の激しさを痛切に感じております。

世の中の変化は、指数関数的に加速度を付けて早くなっているように感じます。歯科の世界においても、手が届かないと思われていた医療機器があっという間に普及していくという事実や、医療技術の進化のスピードなどを目の当たりにし、ちょっとでも休んでしまうと、あっという間に時代遅れの医院になってしまうという危機感を感じざるを得ません。

また、世の中全体がグローバル化、AI化などで日々の暮らしの中にも、その変化を感じることが増えてきております。今までの居心地の良い限定された世界で生きていこうと思っても、狭い世界の常識だけでは通用しなくなってきている事を様々な面で感じております。
歯科治療においても、日本国内の特殊な健康保険制度という枠の中だけを考えるのではなく、世界標準の医療を学び、技術を取得し、サービスしていくことが求められる時代になったように感じます。これからの歯科医療サービスは、保険診療か自費診療かという区分けで診療手段を選ぶのではなく、本当に正しい医療を適切にサービスできる環境を整えていかないといけない時代が訪れたことを感じております。

今年も、多くの変化や進化を体感し、焦ったり、戸惑ったりすることも多々あると思いますが、世の中の変化にうまく乗っていくように、柔軟な対応力で医院を成長発展させていきたいと思っております。

皆様方におかれましても、今年1年が実り多き年となりますことを祈念し新年の挨拶とさせていただきます。

医療法人社団東京哲翔会 定村歯科医院
理事長 定村正之

2018-01-05 11:36:54

時間への意識

こんにちは、杉並区荻窪の歯科医院 医療法人社団東京哲翔会 定村歯科医院 院長の定村正之です。
 
12月も折り返し、年末が近づいてきました。今年のうちに終わらせたい仕事を一つずつ片付けながら、来年に向けての目標なども見直しを行わないといけない時期ですね。限られた時間の中で、うまくスケジュールを組みながら効率よく時間を使っていきたいところです。
 
その「時間」ですが、よく「時間を浪費した」とか「時間の無駄遣いをした」という言葉を耳にしますね。
ついつい自分でも使ってしまう事があるのですが、「時間」は誰にとっても同じ尺度で与えられるものですから、浪費したり、無駄に過ごしてしまう時間というものに対して、そのような結果を招いた自分自身の行動の方に焦点を合わせて考えないといけないように思います。
 
同じ時間の中で、充実した成果を上げることが出来るように目標を定め、計画を練り、計画を実行していくという事の繰り返しを習慣化させることで、時間の浪費、もう少し言えば、自分自身の人生の浪費を抑制することが出来るように思います。
 
ボーっとする時間も重要ですので、常にせかせかと小忙しくしていれば良いというわけでは無いのですが、時間を、単に時計の針のような感覚で捉えるのではなく、自分自身の人生の貴重な時間という意識で捉えていくことが重要なのではないかと思う次第です。
 
時間を無駄にすることは、自分自身を無駄にしている事と同じだと捉え、時間管理をきちんと行っていくようにしないといけませんね。
 
永久に時間があると思ってしまうものですが、人生という長いようであっという間の貴重な時間を、少しでも充実させ、自分自身の成長、他へのプラスの影響を与える、という目的のもと、きちんと目的と計画をもって進んでいきたいものです。


 

2017-12-18 18:47:37

断食体験

こんにちは、杉並区荻窪の歯科医院 医療法人社団東京哲翔会 定村歯科医院 院長の定村正之です。
 
11月も半ばが過ぎ、すっかり冬らしい空気になってきました。日が沈むのも早くなり、夕方になると、より一層、冬の到来を感じますね。
 
さて、私事ですが、11月に、伊豆高原にある断食を行う施設で、断食の体験を2泊3日で行ってきました。
 
断食といいましても、私が行ったのは、養生断食というもので、完全断食(いわゆる、水以外のものを口にしない断食)とは異なり、シンプルな小食の半断食となります。
この断食では、通常の本断食で起こることが多い断食反応がほとんどなく、散歩やちょっとした運動、瞑想などがしっかりとできるため、リフレッシュ効果が高いことが言われております。
 
生まれて初めての経験でしたが、施設には、私同様、初心者の方が多く、ちょっと安心いたしました。
 
2日間の断食を行った感想としましては・・・

  1. 人は、そんなに多くのものを食べなくても、十分に生きていく力がある
  2. 食べないことで、内臓を休めることになり、結果、脳に回る血流量が増える感覚がある(脳疲労が解消されるイメージでしょうか)
  3. 不思議と、そこまでの空腹感はない(もちろんお腹は空きますが、ストレスにはならない)
  4. とにかく、体が軽くなる(代謝が上がったような気がします。実際に2日間で、体年齢が5歳若返りました!)
といったところです。
 
また、食事を小食・簡易化することで、食事に取られる時間も圧縮されるので、多くの時間が生まれることが実感されました。食べることの楽しみは無限にあると感じますので、食事を楽しむことは今後も今までと変わらずに行う予定ですが、たまには、自分自身の体を休める意味で、養生断食を実践するのも必要だと思いました。
 
また、毎朝のトレイルウォーキングでのリフレッシュ(結構な山道を早足で歩くので、かなりの運動量ではないかと思います)や、施設の中のいろいろなプログラムでは、「健康」「病気」の考え方や、「食事のとり方」や「呼吸」「マインドフルネス」の簡単なレクチャーもあり、日常生活ではなかなか行えない事や学べないことも得ることが出来、大変良い経験となりました。
 
今後の生活に、今回の貴重な経験を取り入れて、自分自身の健康をきちんと管理できるようにしていこうと考えております。

 
 

2017-11-21 00:46:00

移転当時を振り返り・・・

こんにちは、杉並区荻窪の歯科医院 医療法人社団 東京哲翔会 定村歯科医院 院長の定村正之です。
 
今年も、もう2カ月を残すところとなり、1年の締めくくりの時期になってまいりました。
毎年11月になると、医院を移転した時のことを思い出します。
もう5年も前のことになりますが、当時のスタッフが移転の1年前から移転に向けての定期的なミーティングを繰り返し行い、様々な準備を進め、移転を手伝ってくれたことなどを懐かしく思い出します。
私にとっても、一大決心のもとでの移転でしたが、新しい環境を作るという夢の実現を目の当たりにすることが出来た経験は、大きな財産になっています。
 
5年という区切りでもあったので、先日、医院移転して5年経過したことへの感謝や、今後の進む道をお伝えするために、スタッフ全員でイベントを開催させていただきました。
 
イベントは、初の試みだったので準備も行き届かない事ばかりで、反省点も多くありましたが、スタッフが集まって、医院の歴史を振り返ったり、ワークを行ったりすることで、チームワークが強化されたのではないかと思います。
スタッフからは心のこもったアルバムを頂き、退職したスタッフからのコメントなども盛り込まれていて、これまで頑張ってきたことが報われたように感じました。本当に、医院に携わってくださる多くの方への感謝を改めて実感させられた良いイベントでした。
 
法人を管理運営していくことは、本当に楽しく、遣り甲斐がある一方で、責任も重大であります。仕事は、楽しくやっていくことが重要ですが、その裏に、きちんとリスクと責任を負う覚悟が必要である事を、再確認し、6年目も充実した年になるように気持ちを引き締めて、年末までもうひと頑張り、集中していきます!
 

 

2017-10-31 12:37:51

仕事観

こんにちは、杉並区荻窪の歯科医院 医療法人社団東京哲翔会 定村歯科医院の定村正之です。

今年も残すところ3カ月を切り、1年の締めくくりの時期が近づいてきましたね。
例年、10月から年末までは行事も多く、あっという間に時間が経過していくので、一日一日を大切にしないといけないと意識をするようにしております。

突然ですが、子供のころ、大人が仕事をする姿を見て、どんな風に感じていましたか?いろいろな大人がいて、楽しそうに仕事をする人、仕事に誇りをもって、輝いている人がいる一方で、仕事への愚痴ばかりを言う人もいたものです。
身近なところでは、誰でも親族の仕事への向き合い方をみて、色々と感じてきたことと思われます。

私の場合は、両親の姿を見て、仕事観の基礎が出来上がったように思います。

父親の歯科医師としての仕事ぶりを直接見ることは全くありませんでしたが、家で歯科の勉強の本を読む姿を見たりする中で、仕事を仕事と割り切って、オンオフを完全に切り分けるのではない姿勢を見てきたように思います。
また、基本的に、父親はいつも穏やかで、一切仕事の不満や愚痴を言うようなことはありませんでした。

私の仕事観は、そのような親の姿を見ることで育まれたのかなあ・・・とふと思った次第です。

仕事観とは少し違うのかもしれませんが、仕事を自分の天職だと考える発想(天職発想)も私は信じております。

そして、仕事に打ち込むには、天職発想をすることが一番の秘訣だといわれております。
さらに、以下の項目を意識して仕事を行うことで、成長を早めることが出来るといわれております。

① 今日やるべきことは、明日に持ち越さない
② 大事なこと、必要なことから取り掛かる
③ 計画的にやる、しかし、臨機応変に取り組む

この3つのポイントを意識して、自分から進んで仕事を行うスタイルを維持していけば、誰でも仕事を通じての様々な面からの成長を実感することができると私は思います。

多くの仕事は、単調なものに思え、一見、辛く感じるものであると思いますが、同じ仕事をするのであれば、仕事を通じて少しでも成長していきたいと思いますよね!

年末までの期間、改めて自分の仕事ぶりを客観的に見直しながら、貴重な時間を充実させるようにしていきたいと思っております。



 

2017-10-12 17:40:45

成功のコツ

こんにちは、杉並区荻窪の歯科医院 医療法人社団東京哲翔会 定村歯科医院 院長の定村正之です。

猛暑も過去の話になり、すっかり秋モードですね。「秋バテ」などという言葉も耳にしますが、確かに急に涼しくなると、夏の疲れが感じられたり、気温差に油断が重なり風邪をひいたりすることもありますよね。気を付けないといけません。そういう私も、思い起こすと、秋に体調を崩すことが多かったような気もします(今年は、元気ですよ!)。

さて、一つ面白い言葉を紹介いただきましたので、シェアしますね。

イエローハットの会長さんで、地域清掃などの活動で非常に有名な鍵山秀三郎さんの言葉です。

成功のコツは二つ。コツコツ。

うーん、なるほど、という感じですね。

成功に関する名言は数多くありますが、この名言、なかなかシンプルですが、奥が深いですね。コツコツと積み上げた先には、成功が待っているというイメージですが、個人的に、コツコツとやるのが好きなタイプなので、心に響きます。

コツコツやるという事は「継続する」という事ですが、「継続するコツ」というものもあるようです。

まず、第一は
・決まった時間に始める!
(パターン化)

二番目は
・継続していることを「見える化」する事!
(計測でき、分かりやすいこと)

三番目は
・休まずに続ける事への報償がある事!
(評価制度・ご褒美)

そして
・一緒に取り組む仲間がいる事!
(仲間・さぼりにくい環境)

最後に(これが一番大事で、本当はこれが一番最初)
・やるものだと皆が思っている事!
(思い込み・常識化)

「何かを達成したい!」と思う人が1万人いたとした場合、その中で実際に始めてみる人が100人といわれています。さらに、継続できる人はわずか一人ともいわれています。

「コツコツ」の継続、バカにできませんね。
継続が成功のカギを握っているという事です!

皆様も、コツコツ良い習慣を継続していきましょう!今月もよろしくお願いいたします!


 

2017-09-06 14:26:51

体調と時間の管理は大切ですね

こんにちは、杉並区荻窪の歯科医院 医療法人社団東京哲翔会 定村歯科医院 院長の定村正之です。

蒸し暑い日が続きますね。夏風邪も流行っているようですので、体調管理には十分気を付けないといけませんね。水分を上手に補給して、体力を落とさないようにしっかりと体も休めていかないといけませんね。

診療を行う日々は、緊張感が続き、なかなかうまくリラックスができない時もあります。原因の一つで考えられるのは、次々と依頼事項や、意思決定事項が舞い込んできますが、その処理が遅れてしまい、一つの遅れが、気が付いたら様々な遅れを引き起こしていた・・・なんていう事にあります。

即時処理を癖づけて、時間を作っていけばよいのですが、思うようにいかないことも多く、また、次々にやりたいことも発生し、気持ちの整理が付かなくなってしまうこともあります。

様々な便利ツールを活用して、もっと上手に即時処理ができるようになりたいものです。

そんな自分への一つのテーマですが、一日一日の終わりの時間に、その日の反省を行い、明日に向けての気持ちの準備を整える習慣を身に付けようと思っております。

 誰にでも平等に与えられた時間という資源を、有効に活用し、仕事だけでなく、様々な面で、充実した人生を送れるようにしたいものですね!まずは、仕事で、時間管理をきちんと行うところからですが・・・。

皆さまには、暑い夏を元気でお過ごしになれますこと願っております。

花火

2017-07-31 14:53:22

「できる」自分を信じることから

こんにちは、杉並区荻窪の歯科医院 医療法人社団東京哲翔会 定村歯科医院の定村正之です。

2017年も折り返して、後半に入りましたね。7月、8月は暑さで体力が奪われがちですが、集中力を切らさないように、しっかりと後半のスタートを切っていきたいものです。

さて、本題ですが、人間の能力に関する話題で「人は持っている能力の10%も使えていない」などということを聞いたことがないでしょうか?
「顕在意識」「潜在意識」などに関する本を読むと必ずと言ってよいほど出てくる話題ですが、もし、それが本当で、効率よく自分の持つ能力を発揮できるのなら、その方法を知りたいものですよね。

人は、無意識のうちに自分に勝手に限界線を引いてしまい、その線を超えるようなことに対して、知らず知らずに言い訳をしてみたり、逃げようとしてしまうものです。

何か可能性のあることを振られた時も、無意識のうちに限界を超えることを恐れて「できない」というストップボタンを押してしまいがちです。事を成す人はそのような時に簡単に「できない」とは言わないようです。
そして、「できない」理由を探すのではなく、「どうしたらできるか?」「何か代わりの手段はないか?」という発想を自然にする癖があるようです。

これからの世の中は激変期に入るなどということも言われています。何かに守られているから大丈夫、という根拠のない安心感に頼るばかりではなく、自分の生きる道を自分で決めていく決断力・判断力を身に付けていきたいものです。

人生には、様々な難しい問題が降りかかってきますが、「できない」という言葉をちょっとやめてみて、どうしたらできるようになるかを模索する生き方ができるようになりたいなあと思うこの頃です。

2017-07-04 18:14:26

限界を超えよう!

こんにちは、杉並区荻窪の歯科医院 医療法人社団東京哲翔会 定村歯科医院の定村正之です。

日の長いこの季節は、早起きするのも気持ちがよい季節ですよね!
私の家には猫が同居しておりますので、猫が朝、ご飯を食べたいと起こしてきますが、この季節は、起こされたタイミングでそのまま活動開始!なんてことになる場合もあります。
(あまりにも早いときは、さすがにもう一度布団に戻りますが・・・)。

紫陽花

さて、今年は、様々な講習会に顔を出しているのですが、聞く側で気楽に受講することばかりではなく、たまにですが、ちょっとした発表をさせていただくことも出てきました。

現在は7月に少し発表する機会をいただいており、その準備を進めている最中です。
内容は、インプラント臨床に関するテーマなのですが、自身の臨床を振り返りつつ、反省すべき点は反省し、新たに学ばないといけない部分をリストアップし、更なる成長を目指すためにも非常に良い刺激になっております。聞いていただける方の貴重なお時間を無駄にしないように、しっかりと準備をしないといけませんね!

当院の歯科医師や歯科衛生士は皆、勉強熱心で、様々な講習会で研修をしたり、講演をされています。院内勉強会も、今年に入り俄かに活性化されており、とても良い雰囲気になっています。

知識と技術を磨くことは、技術職の基本ですので、今後もスタッフ一同で研鑽してまいる所存でおります。

かの有名な野村克也監督の語録です 
「プロは技術的な限界を感じてから本当の戦いが始まるのだ」と自らに言い聞かせ、諦めずにバットを振り、自分の進む道を模索していました。

「限界」を簡単に「限界」と思ってはいけないということですね。
「限界」を超えていきましょう!

2017-06-26 23:25:52

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2