医療法人社団 東京哲翔会 定村歯科医院

東京都杉並区 荻窪駅西口徒歩2分【定村歯科医院】

コンテンツ

ブログ

スマホサイトはこちら


院内を自由にご覧になれます

大きな地図で見る
HOME»  ブログ記事一覧»  院長コラム»  『抜歯後の出血(過激な運動は避けよう)』のお話

『抜歯後の出血(過激な運動は避けよう)』のお話

『抜歯後の出血(過激な運動は避けよう)』のお話

「歯を抜く」と言われたら、不安で足がガタガタ震える人も多いことでしょう。ましてや、もし歯を抜いた後血が止まらなかったとしたら、二度と歯医者さんに行く気がしなくなると思います。そこで、みなさんがいちばん不安を感じる、歯を抜いた傷からの出血(後出血)についてお話ししましょう。

手足に小さな傷ができたとき、絆創膏をはり傷を圧迫して安静にしておくと、自然に出血は止まります。これは血液が血管の外に出ると固まる性質をもっているからです。ところが歯を抜いた後の傷は、手足の傷と違って包帯や絆創膏を使って圧迫することができません。だから歯を抜いた後すぐ食事をしたり人と話をすると、傷口が動き、一度固まった血液の塊(血餅)が傷口からはがれ、ふたたび出血を起こすことがあります。だから歯医者さんで歯を抜く処置を受けた日は、処置のすぐ後の食事やうがいを控え、過激な運動を避けるなどの注意が必要です。

抜歯後の出血の多くは、歯の根まで虫歯に侵された歯や、歯槽膿漏のひどい歯を抜いた際に起こります。このような病的な歯の根の周りには不潔でもろい組織が多く、傷口をふさぐ血餅がはがれやすいため、出血が起こりやすいのです。歯を抜いた傷口からふたたび出血が続くようなら、まず清潔なガーゼを傷口に当て、静かに圧迫して15分程度待ってください。血が出るからといってうがいをすると、せっかく固まりかけた血餅がまた流れてしまい、ますます血が止まりにくくなります。

なお、ジワジワと出血が続くようなら、処置を受けた歯医者さんに連絡したほうがよいでしょう。場合によっては、傷口を縫い合わせたり、止血剤の投与を受けるなどの処置が必要となります。

ごくまれですが、抜歯後の出血をきっかけに、出血性素因(血液の固まる性質が弱い病的な状態)という全身の異常が見つかることがあります。

参考資料:「歯にいいはなし」-香川県歯科医師会 編

 

2015-03-24 19:47:23

院長コラム   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント