医療法人社団 東京哲翔会 定村歯科医院

東京都杉並区 荻窪駅西口徒歩2分【定村歯科医院】

コンテンツ

ブログ

スマホサイトはこちら


院内を自由にご覧になれます

大きな地図で見る
HOME»  ブログ記事一覧»  院長コラム»  『ゴルフクラブ(歯科精密鋳造のはなし)』のお話

『ゴルフクラブ(歯科精密鋳造のはなし)』のお話

『ゴルフクラブ(歯科精密鋳造のはなし)』のお話

キーンという金属音を残して打ち放たれたボールは、300ヤードを超えてフェアーウェーを転がっている。新しいゴルフクラブを手に入れたとき、ゴルフファンならよく夢に描くのではないでしょうか。

ところで、メタルウッドなどのゴルフ用品の製造に、歯科の技術が応用されていると聞いたらみなさん驚くでしょう。メタルウッドやアイアンのヘッドの多くは、ロストワックス法という製造法によって作られています。この製法は、1907年に歯科医師タガールトによって考え出されました。ロストワックス法とは、まず、金属で作りたいものの原型を、ロウ(ワックス)や樹脂で製作します。できたものを耐熱性のある特殊な石こうの中に埋め込み、石こうが固まったあと、加熱してワックスを焼却してしまいます。すると石こうの中に鋳型ができ、その中に溶かした金属を流し込むと、原型と同じ金属の製作物ができることになります。

みなさんの歯に詰めたりかぶせたりしたものをはじめ、入れ歯の金属部品など、歯科で使われる多くの金属製のものは、ロストワックス法によって作られ、その精度は10ミクロン(1ミリの100分の1)以下を目指しています。もちろんこのような精度を満たすのは大変なことです。たとえば、石こうが固まるときの寸法変化や、鋳型に流し込んだ金属が冷えて固まるまでの温度差で収縮することも問題になります。その他、いろいろな問題点を解決して、今日の歯科医療が必要とする精度を達成できるようになりました。そして、歯科医療から生まれたこの高い技術が、複雑な形をした金属製品を作る工業界にも広く応用されているのです。

ナイスショットの瞬間など、スポーツをしていてここ一番のときには、力が入って、奥歯を強く噛みしめることがありますね。そんな時、奥歯が噛む力に負けて欠けてしまうことがあります。そうするとまた、その治療のためにロストワックス法のお世話になるのです。

参考資料:「歯にいいはなし」-香川県歯科医師会 編

 

2015-03-24 19:42:45

院長コラム   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント