医療法人社団 東京哲翔会 定村歯科医院

東京都杉並区 荻窪駅西口徒歩2分【定村歯科医院】

コンテンツ

ブログ

スマホサイトはこちら


院内を自由にご覧になれます

大きな地図で見る
HOME»  ブログ記事一覧»  院長コラム»  『歯の麻酔(痛みや不快感を抑え快適な治療)』のお話

『歯の麻酔(痛みや不快感を抑え快適な治療)』のお話

『歯の麻酔(痛みや不快感を抑え快適な治療)』のお話

歯の内部には小さな空洞があり、中に歯髄という血管や神経組織、象牙芽細胞(象牙質を作る細胞)などからできた組織が存在しています。むし歯が痛いのは、外部からの刺激を受けて、この歯髄の中の歯の神経が興奮するからです。歯の神経は、歯の根の先にある孔を通じて歯の外部へ出て、歯の周囲に存在する神経と連なって、末梢(歯)から中枢(脳)まで刺激を伝える役目を担っています。

歯医者さんで、治療に先立ち、歯肉に注射を打ってもらったことはありませんか。歯科治療では、歯と歯の周囲にさまざまな刺激を加えるので、歯の内部や周囲に存在する神経が興奮し、痛みや不快感が発生します。この注射薬は、治療時の痛みや不快感を軽減させる局所麻酔薬(塩酸リドカインなど)と呼ばれるもので、神経細胞の細胞膜に作用して、抹消から中枢へ伝わる刺激をさえぎる働きをします。麻酔効果はみなさんの知覚の中で、まず痛みの感覚(痛覚)、続いて温度感覚、触覚の順に現れます。局所麻酔薬は全身麻酔薬と異なり、注射を打った部位だけに作用しますので、身体に及ぼす影響はほとんどありません。また、意識がなくなるということもないので、治療の終了と同時に日常生活に戻ることができます。

歯科で用いる局所麻酔薬は、麻酔効果を延長させるためと、麻酔薬の中毒を防ぐ目的で、血管収縮薬(アドレナリンなど)が添加されています。また麻酔効果はおおむね数時間持続しますので、治療が終わったあとも麻酔効果が消滅するまでは注意してください。麻酔する場所により唇や舌の感覚がなくなるので、麻酔効果が消えないうち食事をすると、誤って唇や舌を噛んだりやけどをすることがあります。とくに子どもの場合は注意が必要です。

麻酔薬は、1回使用量ごとに滅菌密封されたカートリッジタイプとなっています。さらに患者さん1人1人に使い捨ての注射針を用いますので、ウィルス性肝炎やエイズなどの感染予防対策は万全です。安心して治療を受けてください。

参考資料:「歯にいいはなし」-香川県歯科医師会 編

 

2015-03-24 19:45:06

院長コラム   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント