医療法人社団 東京哲翔会 定村歯科医院

東京都杉並区 荻窪駅西口徒歩2分【定村歯科医院】

コンテンツ

ブログ

スマホサイトはこちら

HOME»  一般歯科

一般歯科

虫歯の治療

虫歯の治療

 

本当は、あまり歯を削りたくないのです

検診で虫歯が見つかった場合、まずは経過観察できる状態かどうかを判断します。
出来れば、歯は削らずに済ませたいものです。

慎重に経過を追っていく事で、初期虫歯をそれ以上進行しない状態でキープできると判断できた場合、歯を削る処置は先送りします。
フッ素を塗ったり、自宅でフロスを使っていただいたりして虫歯の進行を食い止められる場合もあります。
若年者の歯を、早々に削り、神経を取るような処置を行う事は、本当に心が痛みます・・・。

残念ながら、治療せずに、虫歯の進行を食い止められないという場合や、機能面で不自由が生じそうな場合には、治療に踏み切ることがあります。

治療する場合には、虫歯の進行具合をレントゲンや虫歯を染め出す薬を使って把握しながら慎重に虫歯を除去していきます。
神経から遠く離れた部分の虫歯は、タービンと呼ばれる歯を削る機械で、虫歯を除去していきます。
神経に近い場所や、歯肉の近くの虫歯の場合は、時間はかかるのですが、手作業で、慎重に虫歯を少しずつ除去していきます(この時、虫歯を取る事で、神経にダメージを与える可能性がある場合などでは、神経の保存療法や虫歯菌を殺菌する治療方法に切り替えることもあります)。
 
無事に虫歯で感染している歯質の除去が済んだ ら出来るだけ元の状態に修復します。進行した虫歯の場合や、歯並びによってはとても残念な事ですが、原状回復できないこともあります。

これで無事、虫歯が治った!と思われるでしょうが、このような虫歯の治療はどんなに優れた材料で行っても正確には、治ったとはいえないのです。つめたりかぶせたりしても歯は、強くなりません。かえって寿命が短くなります。
だから出来れば皆さんの歯を削りたくはないのです。

虫歯が歯の中心付近にある神経(歯髄)まで完全に進行している場合には、神経の治療まで行います。
また、既に、歯に強い痛みが出てしまっている場合や、歯の神経が強く傷害されているケースでは、最初から神経を取る方針で治療を行う事もあります。


【新メニュー:虫歯菌を殺菌するセメントを使用した治療方法】

虫歯は、歯に虫歯菌が感染して生じる感染症です。という事は、感染源である菌を殺菌する成分を含んだ薬があれば、歯を削らなくても良くなるという事になります。
当医院では、虫歯菌を殺菌する成分を含んだセメントを、虫歯菌で感染した歯質に直接塗布して、虫歯の進行を食い止める治療方法も取り入れております。
このセメントには、健康な歯にとって必要なミネラルが多く含まれており、軟らかくなってしまった歯質を硬化させる作用もあり、適応症の場合には、患者様に説明をさせて頂いております。
まだまだ、メジャーな治療方法ではありませんが、神経を守り、歯を出来るだけ温存したい、という症例では、提案させて頂いておりますので、ご興味がありましたら、ドクターまで、お問い合わせください(適応症でない場合には、使用しません)。

 

日本の保険診療システムの中での歯科治療

日本は国民皆保険制度という恵まれた環境を整備しています。ちゃんと保険料を納めていれば急な病気やケガの時も、日本では一定の割合分だけ治療費を負担すれば残りの多くを国や、会社が負担して払ってくれるというすばらしいシステムです。
海外では病気やケガの治療は個人で入った保険の範囲内でのみ保障されますが、高額な保険料金や、様々な制約があるなど日本のシステムと比べると不親切な面もあるようです。
このようにシステム自体は素晴らしいのですが、その中身を見てみましょう・・・

 

保険歯科診療のシステム

基本は、治療をメインに考えているという事。つまりたくさん治療したり、複雑な治療をしたりするほうが保険点数(治療費)が高くなるシステムです。
虫歯の治療で考えてみると・・・

1.型を取って詰め物を作るほうがダイレクトに詰めるよりも治療費が掛かります。
2.複雑な形態に削るほうが、治療費が掛かります。
3.部分的に詰めるよりも、グルリと全部削ったほうが治療費が掛かります。
4.一生懸命神経を残す治療をするよりも、神経を取ったほうが治療費が掛かります。
5.歯を抜いて、ブリッジや入れ歯を作ったほうが、一本の歯を抜かずに残して治療するよりも治療費が掛かります。

保険治療中心の診療システムの中では「歯を削る」「歯を抜く」「抜いたところを修復する」ことに対して報酬が支払われるのです。 「歯を削らない」「歯を抜かない」「予防」という診療行為に対しての報酬はとても低く抑えられています。 このことが日本で、「歯を守る」治療が普及しなかった理由の一つでしょう。しかし皆さんの歯を守るためには「歯を削らない」治療を目指すべきで、削る治療 をいつまでも中心にしていてはいけないと思うのです。

定村歯科医院では「皆さんの歯を守る」という気持ちを持って治療に当たらせて頂いております。

 

保険歯科診療のシステム

 

歯周病治療

日本の保険診療システムの中での歯科治療

定村歯科医院での歯周病の治療は主に以下のようなメニューになっております。

 

1.歯周病の検査 レントゲン検査とポケット検査をする事で歯周組織の状態を把握し、適切な治療法を説明いたします。
2.スケーリング 直接に目で見える範囲の歯石や着色を取ります。
3.ルートプレーニング 直接見えない深い部分や歯の間の歯石や着色を取ります。スケーリングと同時に行う事もあります。
4.光線力学治療 生体に無害のジェルを歯肉溝に注入し、コールドレーザーを照射し、活性酸素を発生させる機序で、歯周病菌を殺菌させる治療方法です。
5.外科的な歯周病治療 歯周病菌が器具の届かない深い所まで進行しており、炎症が取れない場合や歯周組織の状態が清掃しにくい場合、環境改善のために麻酔下で歯肉を切開して外科的に歯周病菌を除去したり骨や歯肉の形態を整えたりします。
6.プラークコントロール法
  の指導
家庭での注意点や、ブラッシングのポイント、補助的な清掃器具の使い方の指導などを行っています。
7.メンテナンス 患者様一人一人に合った間隔を提案し、定期的なメンテナンスで、歯周病の進行をストップさせます。

 

歯周病のお話

歯周病のお話

 

歯周病は、歯を失ってしまう大きな原因であります。歯は、一見歯茎に植わっているように見えますが、じつは歯茎は歯の支えとしてはあまり役に立っていません。
実際に歯を支えているのは、歯茎の下にある骨(歯槽骨)なのです。
この歯槽骨が下がってきてしまうのが歯周病の怖いところです。支えを失ってしまった歯は、グラグラと揺れ出したり、本来の歯の位置から移動してしまったり、場合によっては抜けてしまう事もあるのです。
そして歯槽骨が下がるという現象は、全く自覚症状なく進行してしまうのです。自覚症状が出てしまった時には手遅れに近い、重傷な歯周病に進行しているケースもありこれが歯周病の恐ろしいところです。
いったん骨が下がってしまうと元に戻すのは極めて困難です。歯を失うまで骨の吸収が進み、歯が抜けてようやく歯周病菌がいなくなるなんて言うこともあります。
ですからあまりにも重症な歯周病ではとても残念な事ですが抜歯したほうが良いと思われるケースもあるほどです。

 

歯周病って老化現象?

年をとると歯茎が下がって、歯が抜けるというのは全くナンセンスな話で、老化と歯周病との間に相関関係があるという科学的な裏付けはありません。
歯茎が下がって歯が抜けるのは、不適切なブラッシング・噛み合わせのバランスの悪さ・歯周病の病原菌によるものなのです。
この歯周病菌は、酸素を嫌う性質があり、歯の周りに出来た歯周ポケットのような酸素の少ない環境が大好きです。そして菌同士で固まりを作り、歯に強固に付着し、バリアのような膜を表面に作ってしまいます。こうなってしまうと病原菌を除去するのが大変です。
さらにこの歯周病菌は、血液や唾液、吸気に混じって肺や消化器に入り込み体に大きなダメージを与えるという事も報告されています。時には生死に関わる問題に繋がる事もあるのです。
このような恐ろしい菌を自分の口の中に居座らせておく事なんて嫌な事ですよね。菌のサイズはとても小さく、目では見えません。見えないから菌はいないなんて思わないで下さい。
歯周病の治療とはずばりこの歯周病菌の除去が全てです。勘違いしないでほしいのは、歯科医院で定期的に綺麗にすればそれで良いとは思わないでほしいということなのです。大切なのは綺麗にした状態を以下に長くキープするかという事なのです。つまり毎日、毎食後の口腔 清掃がきちんとできるという事が基本中の基本なのです。

 

歯周病って老化現象?

 

入れ歯治療

生体シリコン義歯(コンフォート)の特徴

1.生体シリコンを粘膜面に裏装するため、アタリが出にくいです。
2.生体シリコンに吸盤を付与することも出来ますので、吸着が優れています。
3.特に下顎の難症例に最適です。
4.上顎の無口蓋義歯にも応用できます。
5.クラスプの無い局部床義歯にも応用できます。
6.独自のトレーの使用により、簡単に印象が採得できます。
7.従来の軟性材料に比べて耐久性がよい。
8.軟性材料の欠点であった汚れも特殊洗浄法で改善されています。
9.よく噛めます

 

生体シリコン義歯(コンフォート)の特徴

 

要介護高齢者を支援する「食」に関する5ヶ条

1.噛めない入れ歯の義歯治療

施設など訪問して食事をしている所を見せてもらうと、食事の前に入れ歯をはずす方がいらっしゃいます。理由は入れ歯が合っていなくて、はずした方が食べやすいからだそうです。噛めない入れ歯の調整は、歯科医師にご相談下さい。

2.自分で磨けなくなった方への口腔ケア

口腔ケアでは単に歯磨きをして、虫歯・歯周病を予防するだけではありません。口腔ケアを行うことによって、感染症を予防し、口から食べることを支援して生きる活力を生み出す効果があります。命を守る口腔ケアをぜひすすめて下さい。

3.手足の麻痺に対するリハがあるように、口腔周囲のリハ

介護が必要になると、物を口唇でとって噛んで飲み込むという一連の動作が困難になることがあります。これを摂食嚥下障害といいます。摂食嚥下障害には、口の周り、舌、粘膜のリハビリが大切です。

4.食事をとる姿勢は?

車イスになると、テーブルが高すぎたり、背中が丸まったり、曲がって食事を食べて飲み込む姿勢が取れていないことが多いです。背中と車イスの間にクッションを入れたり、机の高さを調整したりしましょう。姿勢が悪いと、噛む力が十分に発揮できません。

5.その人の口腔機能に合った食形態選択と食介助法

飲み込みが悪くなると、トロミをつけてみたり、ゼリーなどまとまり易く飲み込み易いものを与えたり、一口に与える食事の量にも注意しましょう。食べ易いスプーンの形、大きさなど食具も大切です。困った時は介護職の方にご相談下さい。

 

要介護高齢者を支援する「食」に関する5ヶ条

 

要介護高齢者を支援する「食」に関する5ヶ条

 

いろいろな入れ歯

当院では、保険が適用されるプラスチックの入れ歯の他、以下の入れ歯を製作しています。

 

金属床シリコン義歯

金属床シリコン義歯
義歯床を金属にすることで入れ歯を薄くすることができるので、保険のものよりもしゃべりやすかったり、違和感が少なかったりする総入れ歯を作れる可能性が高くなります。

 

バネの見えない入れ歯

バネの見えない入れ歯
当院では、ばねを使わない部分入れ歯をお作りしています。従来の入れ歯に比べ、見た目が自然で入れ歯だと気づかれにくいのが特徴です。

 

シリコン義歯

シリコン義歯
義歯床の一部がシリコンで出来てます。シリコンは軟らかいので、「入れ歯が当たって痛い!」ということが少なくなり、良く噛めるようになります。

 

ご予約・ご相談専用ダイヤル